新しい生活様式に必須 ペダル式消毒液スタンド比較

スポンサーリンク

こちらの記事では、足踏み式の消毒液スタンドについて紹介します。

コロナウイルスの収束が見えない中、不特定多数の人が出入りする場所には消毒液のボトルが置いてあるのが一般的になりました。当社でも工場の入り口、トイレ、事務所の玄関と3つ設置しています。

一方で、消毒液のボトルのノズルをプッシュする時、いろんな人が触ったボトルは汚れていたりして、不衛生ですよね。

そこで、足踏み式の消毒液ボトルスタンドであれば、直接手で触らなくて良いので、衛生的です。また、電池も不要なので半永久的に使用できます。

足踏み式のボトルスタンドとは

消毒液のボトルを設置して、足で踏むことで消毒液を出すことができるスタンドです。イオンなどのショッピングセンターやスーパーなど、不特定多数の人が出入りするところにたまに設置されています。(下の写真のようなもの)

コロナウイルスが広がる以前から設置されていたのかもしれませんが、昔は全く気にしていなかったため気づきませんでした。

最近の消毒方法は、主に3種類です。①消毒液をボトルで台などにそのまま設置②自動タイプ(手をかざすと消毒液が出るタイプ)を台などに設置③足踏み式消毒液スタンド。

次にそれぞれのメリットデメリットを見ていきます。

通常のスプレーボトルや電池式のボトルとの違い

それぞれの違いについて、下表にまとめてみました。

①ボトルのみ ②自動タイプ ③足踏み式
初期費用
(一般的な価格)

(1,000円)

(3,000円)

(15,000〜25,000円)
維持費用
衛生的
メリット ・手軽に設置可能 ・安価に非接触が実現できる ・半永久的に使用可能
・使用時間が短い
デメリット ・触る部分が不衛生 ・電池交換が必要、故障リスク
・手をかざしてから消毒液が
出るまでに時間がかかる
・初期費用が高い

まとめると、ボトルのみは安価ですが、不特定多数の人が出入りする場所ではノズル部分をみんなが触って不衛生なのでオススメできません。逆に、バックオフィスなど、使用者が限られた場所での使用は問題ないと思います。

また、ノズルを触らない自動タイプと足踏み式については、初期費用がかけられる・設置スペースが取れる場所の場合は足踏み式がオススメです。自動タイプは電池交換やノズル詰まりなどの対応がその都度必要で、消毒液が出るまでの時間がかかるため、使用人数が多い場所以外であればオススメです。

それぞれの使用場所に合った消毒方法を選択することが大事だと思います。

足踏み式消毒液スタンド オススメ4選 番外編2選

機能や価格などでオススメの4点と、ちょっと変わったもの2点を紹介します。なお、これらの商品は注目度が高く、入荷時期と金額が変動すると思いますので、その2点については、それぞれのサイトにてご確認をお願いします。(価格は8/17時点のものを掲載)

〜オススメ4選〜

<多機能でスタイリッシュ>

こちらの製品は、カラーを二色展開しており、また色々な機能がついているため、今販売されているものの中では最もコスパが良いように思います。

機能としては、①消毒液のボトルを工具不要で調整可②消毒液が落ちないようトレーあり③物をかけるフック・小物置きなどがあります。

また、使用場所に合った色を選べることもポイントが高いです。

価格:27,500円(税込)

<信頼の大手製>

こちらは文房具大手のコクヨが作っている商品となります。シンプルな作りとなっており、どんな場所でも違和感なく使用できると思います。また、スタンド製作の会社はこれまで市場が小さく、今は新規参入が多い中で、大手の製品の信頼度を求めるのであればこの商品がオススメです。

価格:30,124円(税込)

<省スペース>

こちらは、最もシンプルな形状のため、スペースがあまりない場所での使用に適しています。また、シンプルであるがゆえに、組み立てが不要のため、届いてすぐに使用できるのもポイントが高いです。

価格:26,400円(税込)

<最高級>

こちらは、現在販売している中で最も高額な商品です。高額な理由としては、これまで紹介した商品と異なり材質がステンレスであるためです。

当社でもステンレスは扱うのですが、傷がつきやすいため傷に気をつけてこのサイズの品物を製作するのは大変です。また、こちらはヘアライン仕上げという表面に線を入れる仕上げのため、高級感のある仕上げ方法です。

機能面は変わりませんので、高級ホテルや高級車の販売店などグレードの高い商品を扱っている会社向けの商品だと思います。

価格:59,790円(税込)

〜番外編 3選〜

<ドラムメーカーのキックペダルで消毒>

こちらは、ドラムメーカーのPearlのキックペダルを用いた商品です。自分はドラムに全く詳しくないのですが、他の商品とは一線を画したスタイリッシュな商品だと思います。普通のスタンドは面白くないと思っている方にオススメです。

もちろん、音楽教室や楽器屋さんに置いてあると自然な感じで素敵だなと思います。

価格:16,500円(税込)

<価格・お手軽さで選ぶなら>

コチラは、最近発売されたもので他社の商品に比べて圧倒的にコスパが高いように思います。しっかりした作りで塗装がされており、送料込みで1万円を切っているのは同じ製造業として単純に凄いです。。。

価格:8,800円(税込)

最後はこれまで紹介した鉄やステンレス製のものとは違い、ポリプロピレン製で折りたたみ式のスタンドです。こちらは常時使用するというよりは、強度も鉄製に比べて劣ると思いますで、一時的な使用に適しているのではないでしょうか。

価格が安価で軽量なため、例えば先日の豪雨や地震などの避難所や、就活のセミナーやコンサートといったイベント会場での使用にオススメです。

価格:9,280円(税込)

まとめ

現在、コロナウイルスの第二波が訪れており、国・県は状況を見守る(注視)ことしかしてくれません。個人・法人で一人一人ができることを考えて実行し、少しでも被害を減らすことが大事です。

今回紹介した、足踏み式の消毒液スタンドの導入もその活動の一つになるのではないでしょうか。

当社は町工場なので導入の検討だけでなく、自社での製作も視野に入れて考えたいと思います。