愛知県(名古屋市以外) 自費でPCR検査を受けられる施設 一覧 (2021年最新版)

スポンサーリンク

この記事はこんな方にオススメです

・愛知県内(名古屋市以外)で自費でPCR検査を受けられる施設を知りたい
・自費のPCR検査の種類/価格について知りたい
・最も安価にPCR検査を受けられる施設を知りたい

今回は、愛知県内(名古屋市外)でPCR検査を受けられる施設の一覧と内容・費用についてまとめましたので、自費でPCR検査を受ける際に参考にしてみてください。

コロナウイルスの感染が拡大していて、PCR検査数は増えていると報道がされています。一方で、検査に行きたいけど断わられたという声もよく聞きます。仕事や諸事情で県外に行く必要があったりして、どうしても受けたい場合の選択肢の一つとして、自費でのPCR検査があります。

※愛知県が公表している、PCR検査の受けられる施設一覧はコチラ
 こちらは自費で受けられない施設も含まれています

名古屋市のPCR検査を受けられる施設一覧は以下のリンクより

2020年末からは名古屋駅で5,000円で受けられるPCR検査が始まってます

 

コロナウイルスの検査について まとめ(PCR検査・抗原検査・抗体検査)

まずは、コロナウイルスの検査の種類について、簡単にまとめてみました。

  わかること 感度 検査時間 予約可否 メリット
PCR検査 “今”感染してるか 高い 6時間〜 不可(可) 検査の精度が高い
自費での検査の際は予約可
抗原検査 “今”感染してるか 低い 数分 短時間で計測できる
抗体検査 “過去”感染していたか 30分程度 全体での感染を把握できる

これまで、PCR検査は個人の希望ではなく、医師の判断で検査を行ってましたが、5月以降、検査をしてくれる病院が徐々に増えてきているようです。

PCR検査については、自費の場合は費用が5万円前後と高額かつ、検査結果の受け取りが翌日以降になるなど、受診のハードルは高めです。海外渡航や海外事業にPCR検査の証明書が必要、県外の葬儀への参列など、様々な事情により感染していないことの証明が必要な場合に検査を受けるものと考えています。

抗体検査については、陽性だと、以前に新型コロナウイルスにかかったことが証明されます。また今後、同じ新型コロナウイルスが入ってきても抗体が排除してくれて感染しない、または、感染しても比較的軽症で済む可能性が高いとされています。(詳細はまだ未確定だと思いますが。。。)

なお、名古屋市の抗体検査については以前、自身で受けた時の記事がコチラにありますので、興味のある方はご参照ください。

愛知県(名古屋市以外) 自費でPCR検査を受けられる施設一覧
(1/17時点:13施設)

下表に、自費でPCR検査を受けられる施設をまとめました。施設名にHPのリンクを貼ってあります。なお、地域は尾張、知多、西三河、東三河の4地域で整理しております。

地区 行政区 施設名 費用 検査方法 証明書/備考
唾液 鼻咽
尾張 小牧市 江崎外科内科 44,000円   証明書代込
尾張 尾張旭市 花井クリニック 唾)22,000円
鼻)24,000円
希望者多数で中止中
(1/1時点)
尾張 春日井市 岩塚クリニック ?    
尾張 日進市 うかい医院 (A)45,000円
(B)35,000円
    (A)英文証明書代込
(B)日本語証明書代込
両方ドライブスルー方式
尾張 日進市 杉上クリニック      
尾張 東郷町 愛知とうぶクリニック 33,000円     ドライブスルー方式
尾張 瀬戸市 陶生病院 35,000円     証明書代込
尾張 丹羽郡 さくら総合病院 25,000円   非対応
知多 知多郡 ひだかこどもクリニック 44,000円   +3,000円
知多 東海市 如来山内科・外科クリニック 22,000円   +3,300円
西三河 刈谷市 一里山・今井病院    
東三河 豊川市 豊川アレルギーリウマチクリニック 25,000円   +3,000円
東三河 豊川市 たけだクリニック  

注意点としては、施設によっては、検査数が多くなると検査を停止したり、費用が変更になったりすることがありますので、行く前には最新情報をチェックしてから行くようにしてください。

また、診断対象が海外渡航目的の方のみや、無症状の方のみである場合や、事前の予約・確認の要不要など条件が施設によって異なるため、事前にご確認をお願いいたします。

まとめ

自費でPCR検査ができる施設を調べましたが、現時点では、基本的に海外渡航目的(留学・仕事)の方向けがメインです。

海外のように、自費ではなく、政府が検査を主導して陽性反応者を確実に隔離する体制が確立されればいいのにと思います。コロナ禍が1日でも早く収まって、コロナ以前の生活に戻れることを願っております。