【ブクログ】”頑固な羊の動かし方―1人でも部下を持ったら読む本” 書評 〜2021年4月〜

スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめです

・ブクログについて知りたい
・”頑固な羊の動かし方―1人でも部下を持ったら読む本”の書評に興味がある

今月読んだ本の中で最も良かった本と、読んだ全ての本をブクログというサービスで紹介しています。ブクログについて知りたい方は以下のリンクご参照。

 

 

2021年4月に読んだ本のおすすめ

今後2〜3年で経営を義父から引き継ぐため、マネジメントの参考になればと読了。
部下=羊、自分=上司=羊飼いとして、例え話でどのように部下と接するべきかを教えてくれる。

一言で内容をまとめると、「自分に厳しく、人にもまあまあ厳しく」といった感じの印象。

自分が学んだポイントは以下の点。
・一人一人に目を向けること(興味を持って接する)
・常に相手を思いやり、自分の価値観を伝え、信頼関係を築く
・仕事は定期的にローテーションさせる
・情報は隠さず伝えて、問題はすぐに対処する
・明確な目標を定め、自由を与えながらもそっと導く
・部下が非難されそうになったら、自らが矢面に立つ

上記を三つにまとめると、①リーダーは目標を定めて、自ら率先して目標に向けて動く。②部下は一人の人間として接して、信頼関係を築いた上で、仕事を任せる。③ダメなことは毅然とした態度でノーを伝える。

これらを意識して、経営に携わっていきたいと思いました。部下を始めて持つ人で、どう接するといいのか悩んでいる人には参考になる本ではないかなと思います。
 
 

【ブクログ】今月読んだ本一覧

1、はじめての治具設計 [ 西村 仁 ]

2、フィル・ゴードンのポーカー攻略法(実践編) ノーリミットホールデムのレッスンとハンド分析 (カジノブックシリーズ) [ フィル・ゴードン ]

3、頑固な羊の動かし方 1人でも部下を持ったら読む本 [ ケヴィン・レーマン ]

画像をクリックすると、ブクログのHPに飛べます。それぞれのレビューはそちらで確認できます。

終わりに

毎週1冊を心がけていますが、いつも1〜2冊少なくなってしまいます。毎週ではなく、毎日どこまで読むと決めたほうが守れるのかなと思うので、次月からはそのようにしようと思います。