2020 令和2年 中小企業診断士試験 最新延期情報

スポンサーリンク

こんばんは、ノリオです。最新の試験日程情報についてです。残り1ヶ月程度になってきて、気になるので調べてみました。

今年はコロナウイルスの影響で、司法試験や公認会計士といった試験についても延期が発表されており、中小企業診断士についても延期の可能性があると思っています。

現時点での試験日程について 6月9日時点

最新の試験日程については下表の通りです。

試験案内配布・申込受付期間 ※終了 令和2年4月1日(水)~5月8日(金)
試験日 令和2年7月11日(土)・12日(日)
合格発表日 令和2年8月25日(火)

現時点では、延期の連絡はない状態です。

中小企業診断士試験 延期の可能性は

延期についてはいくつかの理由から可能性としてはあると思っています。

1、他の試験の延期状況

中小企業診断士の試験日程前後の試験の延期状況は下表の通りです。

元々の日程 延期日程 延期状況
司法試験 5月13日〜17日
8月12日〜16日 延期日決定
公認会計士 5月24日
8月23日 延期日決定
司法書士 7月5日 延期日未定 延期決定
中小企業診断士 7月11日・12日 実施予定
税理士 8月18日~20日 実施予定

中小企業診断士と近い、7月初旬の司法書士試験は5月18日に延期が発表されています。また、延期が決定された試験については8月が予定されている状況です。

2、例年の日程との比較

昨年(令和元年)の試験日程は8月3日・4日で、今年はオリンピックの影響で約1ヶ月前倒しでの試験予定となっていました。なので、1ヶ月程度の延期は例年通りになるだけとなります。

1から、他の資格試験で延期がされないものがない状況で、2から、一ヶ月程度の延期であれば例年並みになるだけで影響が小さいことから、一ヶ月程度延期されるのではないかと予想しております。

中小企業診断士試験 延期の判断はいつ頃か(予想)

中小企業診断士試験に最も日程が近い、司法書士の試験(当初予定:7月5日)の延期発表が5月18日でした。これは当初の試験日程の一ヶ月半程度前なので、中小企業診断士の試験について実施or延期の判断は6月初旬になると考えています。

また、6月15日が受験票の発送日のため、それまでに発表がない場合は当初の予定通り実施されると考えて、勉強に取り組むべきと考えています。

いずれにしても残り1〜2ヶ月なので、平日2時間、休日6時間程度の勉強時間を確保して頑張りたいです。