ポーカーを勉強するのに最適なYoutuberは誰?〜ポーカー知らなくても楽しめる番組もご紹介〜

スポンサーリンク

こちらの記事はこんな方におすすめです

・ポーカーをやっていて、Youtubeで勉強したいと思っている方
・海外のカジノでの様子など、ポーカー系のYoutubeを楽しみたい方

2021年、コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えてゲームをするようになった方もいるのではないでしょうか。私もその一人で、ポーカーをYoutubeで知ったことをきっかけにかなりはまっています。

2021年の初めの頃はそれほど数もいなかったのですが、海外のカジノでポーカーをプレイしている方もカジノがコロナで閉鎖したり、オンラインのゲームが国内で人気になったりしたことで、ポーカー系のYoutubeの番組がとても増えたように思います。

本日は、ポーカーが好きで勉強したい方向けの番組と、海外のカジノでプレイしているなどポーカーの知識がなくても雰囲気を楽しめる番組を紹介したいと思います。

なお、今回は有名な方を基本的に紹介しますが、その中でも自分の好きな番組を特に紹介していきたいと思います。随時追加していこうと思うのでよろしくお願いします。

以下の記事は、2022年2月時点のものです。

ポーカーを勉強するのにおすすめのYoutube番組

 ポーカーを勉強したい人は自分の気になっている内容を探す場合(例えばプリフロップのハンドレンジを探してるなど)と、強いプレイヤーがどんなことを考えてプレイしているか知りたいなど、さまざまな方がいると思います。

 内容について紹介するので、気になる動画があればぜひYoutubeでチェックしてみてください。 

1、ヨコサワポーカーチャンネル

  • 開始年月:2021年3月〜
  • 登録者数:14万人
  • 登録動画本数:19本

 後述するポーカープレイヤーのYoutuberで世界一登録者数が多い”世界のヨコサワ”チャンネルのヨコサワさんが、”ポーカーの用語の解説”や”上達するコツ”といった超初心者向けの動画から、自身の高いレートでのプレイの解説などの動画があります。

 なお、初心者向けのプリフロップの解説動画の記事は以下に紹介しています。

2、マサキングポーカーチャンネル

  • 開始年月:2021年3月〜
  • 登録者数:2.8万人
  • 登録動画本数:85本

 ポーカープレイヤーのマサキングさんの番組。勉強におススメなのは、”キャッシュゲーム最強決定戦シリーズ”です。4人キャッシュゲーム想定のプレイを各プレイヤーが何を考えて今のアクションをしたのかを話ししながらプレイしてくれます。

 参加しているプレイヤーはオンラインポーカーのハイレートのプレイヤーや、海外国内大会の入賞者、海外キャッシュゲームで生活をしているプロポーカープレイヤーなど様々な方々ですが、みんなハイレベルでとても勉強になります。具体的にどれぐらい考えながらプレイしているのか、逆に言うとそれぐらい考える必要があるということがわかります。

 参加されているプレイヤーの中ではオンラインポーカープレイヤーのsouzirouさん、プロポーカープレイヤーの堀内さんの解説がわかりやすくて好きです。

3、ポーカーの沼

  • 開始年月:2017年8月〜
  • 登録者数:2.3万人
  • 登録動画本数:147本

 ポーカー歴11年、オンラインポーカーを主にプレイされているゴンゾメス大内さんという方が配信している番組。

 初心者向け、初心者~中級者向けの動画をまとめてくれています。具体的には、”席順での有利不利”、”4つのプレイスタイルについて”、“リンプインについて”、”シンバリューベットのポイント”といったように、状況や内容別の動画になっているため、知らないものを選んで見てみるのがおすすめです。

4、ショートのポーカー冒険譚

  • 開始年月:2020年1月〜
  • 登録者数: 7,500人
  • 登録動画本数:204本

 ポーカーの基本的な戦略についてショートさんというポーカープレイヤーが紹介しています。

動画の内容としては、”チェックレイズの使い方”、”やってはいけないブラフ3選”、”ドンクベットをうたれたときの対応”など、プレイしていて悩ましい状況での対応について、GTOツール(最適なプレイを教えてくれるソフト)を使ってわかりやすく教えてくれます。

5、スーカンツ

  • 開始年月:2018年8月〜
  • 登録者数:3,600人
  • 登録動画本数:343本

 ポーカープレイヤーのスーカンツさんがポーカースターズのzoomというポーカーゲームのレート25NL、50NLを解説つきでプレイしている動画です。(zoomというゲームは6人で100bb持ちのキャッシュゲームです。似たゲームではKKポーカーのflashというものがあります)

 なぜそのようなプレイをしたか解説があり、自分ならどのようにプレイしたかを考えながら動画を見ると勉強になります。

ポーカーを知らなくても楽しめる ポーカー系Youtube番組

1、世界のヨコサワ

  • 開始年月:2017年8月〜
  • 登録者数:67万人
  • 登録動画本数:115本

 ポーカープレイヤーのYoutuberで世界一登録者数が多い番組。プロポーカープレイヤーのヨコサワさんが、アメリカのラスベガスやヨーロッパ、オーストラリアなど世界中のさまざまなカジノのポーカー大会やキャッシュゲーム(テーブルでチップを取り合って遊ぶゲーム)に参加して、プレイや現地での食事の様子などを紹介してくれる。

 大きな特徴として、参加する大会やキャッシュゲームの金額がとても大きいこと。例えば、ラスベガスの大会では参加費が570万(優勝賞金は1億6000万円)の大会に出場していました。キャッシュゲームでも1日100〜200万円増減するような高いレートでプレイしていて見ているこちらもハラハラします。

 私が初めてポーカーを知ったのもこの番組で、こんな華やかな世界があるんだと驚きました。、カジノの様子の紹介や、24時間寝ないでプレイするといくら稼げるかといった企画などもあるため、ポーカーのルールがわからなくても楽しめるような編集になっています。

2、堀内正人horihoriTV

  • 開始年月:2020年1月〜
  • 登録者数:10万人
  • 登録動画本数:341本

 マカオ在住のプロポーカープレイヤー堀内さんの番組。堀内さんは以前は麻雀プロという異色の経歴。麻雀とポーカーを実際にプレイしているところを中心に配信されています。

 とても穏やかな話し方とは裏腹に、勝負になると熱い気持ちで戦っているのが伝わってきます。麻雀やポーカーについての自身の考えについても色々と教えてくれます。

 

3、じぇいそる

  • 開始年月:2020年2月〜
  • 登録者数:6万人
  • 登録動画本数:100本 

 ラスベガス在住のプロポーカープレイヤーじぇいそるさんの番組。ラスベガスでの生活を中心にアメリカ国内のいろんなカジノへ旅をしながら行って、現地でのキャッシュゲームのプレイ動画や街の様子などを紹介してくれます。

 最近では、予算$1000でじぇいそるさん、奥さんのコスさん、カメラマンの3人で全米をキャンピングカーで回るという企画が楽しかったです。食費やガソリン代などで予算が減っていくと、現地でのポーカーで稼いで旅を続けるという内容で、いつ予算がなくなってしまうのかとドキドキできるのと、街ごとに特徴があり旅行動画としても楽しめます。

 じぇいそるさんは本で自叙伝を出しているので、興味がある方は是非読んでみてください。なお、自分は読みましたがどういった経緯でラスベガスでポーカープレイヤーをやっているかが書いてあり、興味深く読むことができました。

 

 
 
 その他にも自分はあまり好きではありませんが、しゅんポーカー(登録者数10万人)も登録者数は多いです。

その他 個人的に好きなYoutuber

最後に今は登録者数が少なめですが、少しクセがありお気に入りな番組を紹介します。好きな人にはかなりハマると思います。

1、モヒ poker channel

  • 開始年月:2020年3月〜
  • 登録者数:不明
  • 登録動画本数:76本 

 モヒちゃんが運営している番組。過去はバックパッカー⇨パチプロ⇨ポーカープレイヤーという経歴で今は、インドネシア在住、結婚して娘さんが一人のプロポーカープレイヤー(1991年生まれ)。

 基本的にはKKポーカーというアプリでフラッシュというゲームをプレイしながら、ライブ配信をした録画番組を配信している。アクションの理由を話しながらプレイしてくれるため、自身のプレイの参考になる。

 雑談も面白く、以前たこ焼き屋をインドネシアで経営していた話や、他のポーカープレイヤーに対しての話などをしてくれて、それらもとても興味深いです。

なお、一部はメンバー(790円/月)限定公開となっています。

 

2、NYブラフチャンネル

  • 開始年月:2020年8月〜
  • 登録者数:2840人
  • 登録動画本数:45本


 NY在住の配信者さん。海外でのライブキャッシュゲームを配信している。

 通常、ライブキャッシュゲームの配信では自身のプレイを配信する人が多い中、アラブ系の方達のプレイをいじり倒して配信している。音楽や効果音(パチンコが多め)がかなり独特で、一度見たら癖になります。

 また、賭けている金額も1回のプレイ(5分程度)で10万円超えが当たり前、高い時は100万円を超えているというかなり高額。にもかかわらず、出演者たちのプレイは通常とは一線を画しているのがまた面白い。

 

終わりに