海外ドラマはたった350の単語でできている 書評

スポンサーリンク

こんにちはノリオです。今日は英会話学習の参考になる本のレビューです。

本の印象

前半は、タイトルの350単語の解説がされています。後半は、英会話に必要な勉強法をスピーキングとリスニング、さらにそれぞれのレベル判定とそれに応じた学習法が書かれています。

これまで、いくつか英語学習の参考書を読みましたが、その中でも実践的で真似しやすい印象でした。

こんな人にオススメ

とにかく英語圏の海外の方とある程度話ができるレベルにしたい人にオススメ。
例えば、海外旅行で少し会話してみたいとか、東京オリンピックのボランティアレベルを目指すなら最適かと思います。
一方でビジネスで使えるレベル(契約書の理解や間違いのない意思疎通)の英語力を目指す方には物足りないと思います。

中身について 前半

タイトルの海外ドラマはSex And The City(SATC)。シリーズでは12,000単語が登場し、そのうち350の単語だけで約80%を占めているとのこと。
つまり、350の単語を覚えれば会話の約8割を理解できるというのがざっくりした内容。
数字を使って根拠をしっかり示しておりその点は説得力がある。

中身について 後半

スピーキングとリスニングについて、レベル分けして学習方法を提唱している。教材としては海外ドラマを勧めている。
共感できた部分として、「会話で重要なのは、反応するスピード」「文章で見て理解できても、聞いて理解できないものをなくすことが重要」という2点。
例えば、I want toは会話では、”①あい うぁんと とぅー”とは言われない。大半は”②あい わな”と言う。
学校教育では①しか教えられておらず、②と発音されると聞き取れない。
こういったものをドラマのディクテーションで潰すというのは、英語力向上にはかなり寄与されると思いました。

著者の紹介

著者はCozyさん。アメリカで医学系研究員として2年間勤務の際、英語ができなかった体験をきっかけにブログで英会話の学習法を発信している方とのこと。
本書もブログの内容をまとめたものなので、一度ブログをご覧になって購入検討するのも良いかも。

なぜこの本を取り上げたか

年末年始にアメリカ人と日常会話をする機会があり、それに向けて全く話せないのは辛いので、少しだけ勉強しようと思い一番簡単そうなこの本を読むことにしました。
ちなみにKindle Unlimited対象です。