コロナウイルス対策 中小企業の雇用調整助成金活用法 4月13日(月)〜

スポンサーリンク

こんにちは、ノリオです。

今日は、当社で雇用調整助成金を申請したので、その手続きと内容について以下に記します。
※なお、当社は労務士さんと契約しているため、必要な書類を渡して、手続きは労務士さんに実施してもらいました。

まずは、雇用調整助成金の内容についてです。(知ってる方は手続きへ)

雇用調整助成金 概要 〜厚労省HPより抜粋〜

新型コロナウィルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、以下のような取組を行っています。
●感染拡大防止のため、4月1日~6月30日の緊急対応期間中は、全国で、全ての業種の事業主を対象に、雇用調整助成金の特例措置を実施します。

当社の関係するところを以下にまとめます。

 

1、申請条件として、昨年同月比で5%以上売上が減少していること
2、助成金額は、従業員の解雇をしていない場合は給与の90%
3、今の申請期間は6月30日まで

私は助成金額で上限があることを知らなかったので、始めはとにかく休みまくった方が得なのかと思いました。が、実際は上限額があるため、従業員への給与を据え置く場合は、助成金で補填できない分は会社負担となります。(もちろん雇用保険なども負担はそのままです)

上限は8,330円/日。給与÷出勤日数で計算するため、例えば20万/月、出勤日数20日で10,000円/日となるため、10,000円✖️90%=9,000円で、ほぼ上限額となってしまうため、残りは会社で補填が必要です。

内容 〜当社の場合 4月13日以降〜

当社では、第一弾として以下の内容としました。

・4月〜6月末まで、土曜日を休業とする。(毎月2日休みが増える)
・給与は据え置き
・6月以降は未定、賞与も未定

上記内容にて、従業員さんへは説明しました。また、申請書類の一つで従業員さんの署名が必要だったため、説明後に署名をしてもらいました。説明時に気を付けたのは、仕事がゼロになるわけではないので、効率よく仕事をすることを前提として休みとするとしたことです。また、休みとしても不要不急の外出を控えるようにと伝えました。

手続き ~主に必要な書類~

申請書類は労務士の先生に揃えて申請してもらいましたので、必要と言われた書類のみの記載となります。実際には他にも必要な書類があると思いますので、参考程度でお願いします。

・在籍者名簿
・今年の出勤カレンダーと変更後の出勤カレンダー
・出勤簿
・会社案内(パンフレット)
・従業員の同意書(全員の署名)

リンク:厚労省HP(雇用調整助成金)

労務士の先生は、「労働局に何度連絡してもつながらない」とおっしゃってました。そのため、労務士さん同士で情報交換することで、情報の不足・アップデートをしているとのこと。

ちなみに、1ヶ月毎の予定を申請するみたいで、当社では20日締めのため、①〜4/18まで、②4/21〜5/20、③5/21〜6/20、④〜6/30までの4つの期間を申請しました。テクニック的なところでは、②〜④は休業計画として全ての日にちを休業として申請しておいて、後から実際に休業した日を提出できるみたいです(恐らく逆は不可?)。

(更新)4月25日に雇用調整助成金の拡充が発表されました(内容未定)。また、情報が入ってきたら活用できるか検討が必要です。