「今こそ、韓国に謝ろう」 書評

スポンサーリンク

こんばんは、ノリオです。
今日は、「今こそ、韓国に謝ろう」の書評です。

なぜこの本を取り上げたか

最近、徴用工の問題がテレビで騒がれており、改めて韓国という国について知りたくなった。そんな時、韓国に関する本を探していたところ、永遠の0など面白い本が多い百田尚樹氏が韓国の本を出版していたことを知り、読んでみました。

本の印象

タイトルは「韓国に謝ろう」ですが、実際は完全に反対の内容。一貫して、無理やり日本が悪くてごめんなさいというスタイルだが、内容は全くの反対で、韓国という国への不信感・不満であふれています。

一方、内容は史実に基づくものがしっかり調査されている印象で、韓国で騒いでいる慰安婦問題などについて正しく理解できる内容。

こんな人にオススメ

韓国の慰安婦問題ほか、日本に対する謝罪や金銭の要求についての、韓国人の考え方について知りたい方にオススメです。メディアによってねじ曲げられた報道に違和感を感じている方はぜひ。

中身の紹介

1910年に日本が韓国を併合した前後の様子について、教育面・産業面・文化面など様々な視点で書かれています。また、慰安婦問題については日本人による捏造をなぜか朝日新聞が煽って、韓国人が勝手に主張しているだけで、何一つ根拠のないものであることが読むとわかります。

日本人は韓国に対して、もっと厳しい姿勢で臨むべきだと本書を読むと強く感じるとともに、政府の弱気な姿勢に憤りすら覚えます。

慰安婦問題や竹島問題では、弱気な外交によって、韓国をつけあがらせているため、徴用工問題では安易な妥協をしないことを願っております。

著者の紹介

著者の百田尚樹氏は、探偵!ナイトスクープ』のチーフライターを25年以上に渡り務めた後に、小説家へ転身した異例の経歴の持ち主。
「永遠の0」、「海賊と呼ばれた男」、「カエルの楽園」など著書多数。どれも読みやすいが熱い思いが表現されていたり、考えさせられる内容が多く個人的には好きです。